信幸建設株式会社

03-5256-5610 アクセスお問い合わせ

シンコート

シンコート=柔軟形ポリマーセメントは無機質主材の粉体と複合高分子エマルジョンの液体を現場調合して使用するポリマーセメントモルタル系の材料です。

商標登録

登録番号:商標登録第 5079160号
国際分類:第19類
商標:シンコート

商標登録証

特徴

 一体性に優れる
一体性に優れる

コンクリートがひび割れしても
          表面はひび割れしない
コンクリートがひび割れしても
表面はひび割れしない

優れた防水性、遮塩性
優れた防水性、遮塩性

  • シンコートはコンクリート構造物の表面を保護し、劣化を防ぐ無機質の高弾性表面被覆材です。
  • 高弾性のためコンクリート内部にひび割れが生じても表面のシンコートにひび割れが生じることはなく構造物を保護します。
  • 優れた防水性、遮塩性を持ちコンクリートの劣化因子を遮断し、鉄筋を錆から守ります。

用途

  • 塩害を受ける鉄筋コンクリート構造物の保護
  • アルカリ骨材反応や荷重疲労のような動きのあるひび割れ面のコーティング
  • 改修工事の仕上げおよび表面保護
  • 外壁や屋上の防水

施工例

Before

塩害により劣化した
コンクリート製の桟橋(施工前)

After

完成した桟橋の一部(施工後)

1970年に築造された桟橋は、長期間にわたり過酷な気象・海象にさらされ所定の機能を保持できなくなったため、既存鋼管杭の上端部を切断し、上部工を撤去した上で新たな上部工を新設します。
また、劣化の進行が見受けられるものがある部分には補修工事を併せて行ないます。

塩害によって補修不可能な部分は桟橋を撤去し、新たに作り直し、補修可能な部分は補修工事を行ないました。

コンクリートの劣化調査により修復可能な部分は当社製品の「シンコート」を表面被覆(塗布)することにより、桟橋の延命措置を図りました。
この「シンコート」の特長は、
①硬化後に既設のコンクリートと一体になります。
②従って、既設コンクリートのひび割れが大きくなっても柔軟性があるため、防水性および遮塩性を保つことができます。

「シンコート」を表面被覆した補修部分